« イソフラボン | トップページ | 健康食として人気のマカ »

2006年4月 6日 (木)

大豆イソフラボンを適切に摂取する方法

大豆イソフラボンは、大豆イソフラボンのみをサプリメントとして摂取するよりも、大豆食品を摂取した方が理想的な食生活に近づきます。
サプリメントを飲む場合は、日常の食事で大豆食品を摂取していることを前提に、不足分を補うようにしましょう。

大豆に含まれる栄養成分「大豆イソフラボン」を配合した特定保健用食品について、内閣府食品安全委員会の専門調査会は9日、妊婦や子どもの摂取は「推奨できない」とする安全性評価をまとめた。男性や妊婦以外の女性は、ふだんの食事以外に追加して摂取する上限量の目安を「1日30ミリ・グラム」とした。ただし、大豆食品自体は安全性に問題はないとしている。

|

« イソフラボン | トップページ | 健康食として人気のマカ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82669/1304504

この記事へのトラックバック一覧です: 大豆イソフラボンを適切に摂取する方法:

» エストロゲンとアルツハイマー [メタボリックシンドローム]
エストロゲンは女性ホルモンですが、女性らしさを保ち、子孫を残していく機能を授けられる以外に、脳や神経の働きをよくしたり、アルツハイマー型痴呆の方を予防するといいます。年齢を重ねていくと、物忘れがひどくなり、時に痴呆になることがありますが、これにはエストロゲン(女性ホルモン)が関係し、アルツハイマー型痴呆の方がホルモン剤を服用すると、痴呆の程度が改善されることが認められています。血管拡張作用エストロゲンは血管を拡張させ血流を増やします。脳血流の改善効果も確認され、神経組織の機能...... [続きを読む]

受信: 2007年1月27日 (土) 11時58分

« イソフラボン | トップページ | 健康食として人気のマカ »